先輩社員インタビュー お客様と苦楽を共にする
仕事だからこそ、
信頼関係を築けた時の
喜びは格別です。

不動産管理企画部 管理営業所 係長 小澤 俊洋 TOSHIHIRO OZAWA

「不動産業界×営業職」という希望に合致、
入社前からの縁にも背中を押されてマストレ入社。

マストレを就職先に選んだことには、複数の理由があります。まず私自身が不動産業界に関心を抱いており、さらに営業職に興味を持っていました。その中でもマストレという企業は、地元への貢献度の高さが魅力でした。これには具体的な実体験がありまして、実は私の実家が過去にマストレと商談したことがあったのです。その時の対応や成果が非常に秀でていたことも、好印象となっていました。
入社後に担当してきたのは、主に賃貸管理業務です。オーナー様の代行として、オーナー様や入居者の方々のお困りごとなどに対応してきました。賃貸管理の仕事は、非常に幅広い知識が必要とされるので、引き続き経験を積んでいきたいと思っています。

学ぶ対象には貪欲に、お客様には常に謙虚に。
お客様からのご信頼の言葉は、何よりのうれしさ。

私は何ごとも経験だと思っていますので、知らないことにはとにかく積極的に関わるようにしています。現代は、参考になる本やインターネット上のサイトなど、情報を集め知識を深めるための媒体には不自由しませんから、さまざまなことに興味を持つように努めています。また、分からないことがあれば、先輩や上司に、臆することなく何でも聞くようにしています。一方、お客様や地主様、また他分野のプロフェッショナルの方には常に謙虚に接し、教えていただく姿勢を忘れないようにしています。 
賃貸管理という仕事は、まさにお客様と苦楽を共にする仕事です。新築マンションに計画段階から携わり、首尾よく完成したのち満室に至り、その後の賃貸経営のお手伝いをさせていただいている時など、大きな達成感を得ることができます。また、管理をお任せいただく中で、自然とお客様と長いお付き合いになっていきます。そこで、信頼していただいていることを実感できるお言葉をもらうと、非常にうれしいですね。

生活の根幹となる部分にさまざまに関われる総合力。
知識や経験がなくても、意欲があれば活躍できます。

マストレという企業の大きな魅力は、グループの総合力で、生活の根幹となる部分にさまざまな形で関われることだと思います。社員間の交流も多いですし、風通しの良い会社ですね。
もし不動産業界に興味がありながら、知識や経験がないことに不安を感じている人がいれば、マストレならば大丈夫とアドバイスしたいですね。最初は皆未経験です。意欲さえあれば何とかなるものですし、困った時にはいつでも相談できる先輩や上司がたくさんいる会社です。
不動産に関する取引は、金額も大きく、お客様との強い信頼関係がなければ成り立たない仕事です。その関係を構築していく過程にこそ、大きなやりがいと面白みを感じることができますよ。

1日のスケジュール

出社

メールチェック、朝礼、営業所打ち合わせ

午前

昨日の業務の確認、引継ぎなど

契約者様訪問

サポートリクエスト対応

昼休み

 

午後

アパートオーナー様訪問、新規管理となる案件の打ち合わせ

退去した部屋のリフォーム内容の確認

帰社、新築物件の家賃査定書作成

退社

事務処理