先輩社員インタビュー 住まいは、人生の多くの
時間を過ごす大切な場所。
ひとつの仕事をやり遂げた時の
達成感もひとしおです。

不動産第二事業部 東営業所 係長
宅地建物取引士
田中 紳大朗 SHINTARO TANAKA

マストレという会社の魅力は、自分次第で
不動産に関するすべての仕事に携われること。

「不動産の仕事」とひとくくりに言っても、売買や賃貸、管理というようにさまざまな種類があります。ですから同じ業種の会社でも、業務の幅に制限があることが一般的ですが、マストレの場合は、自分のやり方次第で、不動産に関するすべての仕事に携わることができます。そこに興味を抱き、入社を志望しました。
不動産のあらゆる仕事を手がけられるということは即ち、お客様からあらゆる種類のご相談をいただくことでもあります。まだ勉強を重ねる日々ですが、どんなご相談やご依頼にも対応できるような、「不動産のプロフェッショナル」を目指して努力しています。

お客様のご要望をより深く理解するために
良い人間関係を構築することに努める。

日々の仕事で、お客様との対話を重ねて実感するのは、「お客様のご要望をより深く理解するためには、お客様の家庭環境や、生活の背景も理解する必要がある」ということです。そのために、仕事に直接関係のないような話題も交えながら、お客様と良い人間関係を築いて、胸襟を開いたお話をしていただけるように心がけています。 住まいというのは、人生の多くの時間を過ごす場所です。それだけに、お客様のその後の人生に与える影響も大きなものがあります。規模に関わらず、ひとつの仕事を無事にやり遂げた時には、達成感を覚えます。

「自分がその会社で働いているイメージ」を
持てるかどうかが、就職活動で重要だと思います。

就職活動中の皆さんに、私なりのメッセージを送らせていただきます。これは不動産に限りませんが、実際の仕事内容というものは、入社して初めて分かることも多いと思います。ですから仕事の内容だけではなく、自分がその会社で働いているイメージを持てるかが、重要だと思います。たとえばマストレは創業時から浜松に根をおろし、不動産事業だけでなく多方面で実績を積んできています。それが地域住民の方からの認知度の高さや、信頼につながっています。こういった点に魅力を感じる人は、マストレで活躍できるかもしれませんね。就職活動の短い期間で入社する企業を決めるのは大変なことですが、人生における重要な時期なので、後悔のないよう頑張ってください。

1日のスケジュール

出社

メールチェック、朝礼、営業所打ち合わせ

午前

お客様と打ち合わせ

物件案内

昼休み

 

午後

物件調査(水道部・市役所等)

物件下見

地主訪問

ハウスメーカーと打ち合わせ

退社

書類作成

前の先輩を見る